News & Updates from Voyage Manager

12. February 2019 23:03
by John
0 Comments

ケーススタディ - University of Aberdeen

12. February 2019 23:03 by John | 0 Comments

The Case

Glasgow大学の推薦で2014年にAberdeen大学のInternational OfficeがVoyage Managerのトラベルトラッキングシステムを成功裏に採用しました。

Aberdeen大学は海外トラベル中の生徒とスタッフに安全と健康を保証する手段が必要と感じていました。

International Office部門自体が経験した現地での不安定な状況、第三者からの危険な事態への遭遇、大学関係者から銃撃を受けたことなどの情報を基に、その必要性が高まっていました。

リスクの増加に直面して、大学は教職員と参加者のトラッキングを今までの通信方法に頼ることは不可能になってきていて、連続的にセキュリティーのレベルを上げる事を決定しました。

 “我々のリスクに対する見方は興味深いことに、無意識のうちに何も起こらないであろうと言う偏った考え方をしていることにあります。”

The Transformation

簡単に避けられる事件でそれが最悪状態に発展する可能性に何度も遭遇し、大学は福祉義務とプロトコールについて見直す必要性を感じてきました。

大学自身の責任を認めながら、可能な時の当事者からのテキストメッセージ、WhatsApp、eメールなどを使った大学への連絡よりももっと信頼できる方法が必要でした。.

毎日の自動状況アップデート、同意に基づくロケーショントラッキングなどの特長は、大学としてシンプルな使い方、安全確認ソフトウェアなどで基本的な課題である積極的な個人の安全の確認にVoyage Managerは対応していると確信しました。

 Voyage Managerは完全に異なるものを提供しているが、我々の危惧と必要性に合致していました。“

Aberdeen大学は、メンバーの海外渡航に関するデータを大学の異なるソースからセキュアな情報として統合していて、Voyage Managerシステムを必要な形に構築できた事に感謝しています。

 Voyage Managerシステムは我々にとって効率的で有益で、我々のチーム及び近親者に安心を提供できました。我々はVoyage Managerシステムを採用することで多種多様なセキュリティー情報にアクセスが可能になり権限が大きくなった気がします。”

A Real Time Difference

Voyage Managerを採用する事で、リスク及びリスク管理の根本的な討議、“業務上渡航中に重大な事態が発生したら、上司の責任、自分の責任、攻撃者の責任”などが始まりました。

 “我々は以前に無かったシステムを活用し、スタッフの安全とセキュリティーをモニターし維持する業界のリーダーを目指していて、Voyage Managerはそれを可能にしてくれています。”

Key system outcomes for The University of Aberdeen

  • 可能な限りリスクの軽減
  • チームと学生の安全と健康を保障
  • 個人に頼らない自動相互作用
  • 渡航者と運用チームの時間削減
  • 余分な不安削減
    “優秀なJohnと彼らのチームは我々の仕事、何をしているか、我々が行く場所、システムの利点などを良く理解していて、それらが大きな変化をもたらしました。”
Comments are closed